ABOUT

なまえの由来

梅干しと聞くと唾がわくように「タマリンド」の甘酸っぱい味を思うと胃袋が動き始めます。

海の向こうの南国では定番のフレーバー。タマリンドのペーストといえば、スパイス料理にも欠かせない調味料ですね。

育つと大木になるタマリンドは、神話や伝説、ことわざにも登場するほど、人々のくらしと共にある樹です。

その大きな木陰で…
昼間は、村人たちの人間模様。
夜には、この世ならぬ者たちも集うとか。

「スパイス基地たまりんど」も、そんな心の木陰になってくれるでしょうか。

スパイス基地たまりんどの中の人

安藤まどか Madoka ANDO (Ms.)
主宰者。企画・運営、料理教室の講師、イベントの買出し係も務めます。

note.com (スパイス料理エッセイ)
楽天レシピ(執筆したスパイス料理レシピ)
ブログ「すりらんか万華鏡」(食文化の現地調査、レシピ収集)
インド料理修行ブログ「クトゥハラ」

スパイス料理との出会い

途上国開発援助を専攻し2002年まで3年間NGO職員としてスリランカ駐在。言葉に尽くせぬ体験を消化しようと、帰国後は数年ほど研究室にこもるも悟りきれず還俗。異文化交流を手がける教育系財団に6年勤務後、通っていたスパイス料理教室に講師として転職。主にインド料理の授業を年間100コマ以上担当するかたわら、2016年から再びスリランカに通い、多民族社会ならではの食文化の豊かさに注目して研究中。2021年スパイス基地たまりんど立ち上げ。
スパイス料理の構造を読み解き再現すること、そのやり方をお伝えすること、両方ができるプロフェッショナルとして、日本のスパイス・リテラシーを底上げすべく日々研鑽に努めています。

母校&勤務先 キッチンスタジオペイズリー インストラクターコース修了(2014-15年、11期)
創作スパイスカレー「鹿肉のレモン・キーマ」大日本猟友会会長賞(第6回ジビエ料理コンテスト/一般社団法人日本ジビエ振興協会主催)